ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

他社を惑わすフロント商品

2020/05/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

先日、面白い出来事に遭遇しました。

ある業界の方なのですが、
その時の会話を再現します。

私「御社と他社の違いは何ですか?」

保険屋「他社は、売りたい商品しか扱っていません。」

私「どういうことですか?」

保険屋「私は、お客様のニーズに合ったものを提案するのに対し
    他社は、CMを見ても分かるようにヒヤリングせずに
    自分たちが売りたいものを売っています。」

私「他社は、ヒヤリングしないんですか?」

保険屋「形的にはヒヤリングしますが、売るものは決まっています。」

。。。何かおかしいと思いませんか?
 
 
今回のポイントは、
他社の集客商品(フロントエンド)と
自社の収益商品(バックエンド)を
比べている事にすら気づけていないこと。
 
 
他社は、CMを使いなぜ安い商品を
宣伝しているのかというと
その商品を売りたいからではなく、
その商品を使い集客しているのです。
 
 
そして、安い商品を販売することで、
保険に興味ある人がどんどん集まってきます。
 
 
この他社の戦略の事実に気づけないと、
今回のように勘違いが起きます。
そもそも比較対象としているものが違うのです。
 
 
当然、収益商品をCMすることも出来るでしょう。
しかし、それをしないのは、高額な商品をCMしても
集客できないと知っているからです。
 
 
その結果、まんまとこの会社の戦略に気づけず
この営業マンは、他社は売りたい商品を売っているだけで
ヒヤリングして提案していないと思い込んでいるのです。
 
 
今の時代、売りたいものを売るために形だけの
ヒヤリングをして商品を売る人などいません。
 
 
数多くの商品を扱っていると、ヒヤリングして
そのお客様にあったものを提案するのは、当たり前。
 
 
その会社の商品について詳しい順に並べると
 
1.その会社の営業マン
2.その会社のお客様
3.競合他社
4.見込み客
 
その会社の社員でない限り、正確に競合他社の
戦略や商品をすべて把握することは出来ません。
 
 
しかし、本当にその会社の商品について
知りたいのであれば、お客様になればいいだけです。
 
 
今回のような人はあまりいないかもしれませんが、
CMや表面に出ているだけの情報をすべてだと
思ってしまうと、比較しているものが違うと言う
事実にすら気づけません。
 
 
あなたの業界ではどうでしょうか?
 
 
他社が、ビックリするような価格戦略をしてきたら
それは、仕組みがあってのことかもしれません。
 
 
表面だけで判断すると、自社の収益商品の価格に
手を付ける羽目となり、経営を圧迫させます。
 
 
原価を割るような価格の裏には、必ず仕組みが存在します。
 
もしかしたら、あなたの競合他社も、
仕組みを構築しているかもしれません。
 
 
一度、表面だけではなく、裏に隠された仕組みまで
考慮し、戦略を練り直して下さい。

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.