ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

嫌な雑多業務を減らし収入を上げるには?

2020/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたは、何人に話すと1人が成約するか
数値として把握されていますか?
 
 
もし、これを把握せず、不安定な
気持ちややる気に頼っているとしたら、
もはやそれはビジネスではありません。
 
 
ただでさえ、人間は気持ちに影響される生き物です。
 
 
そこに、毎回毎回気持ちに影響にされていたら
あなたはやる気をベースで、売上を設計する
ことになります。
 
これでは、いつまでたっても不安なままです。
 
 
では、何が必要なのか?
 
それは『仕組み』です。
 
 
しかし、世の中、仕組みがない
会社が多いのも事実。
 
こういった会社は、人を雇うことで、
人のやる気を分散し、平均的な売上を
確保しています。
 
 
しかし、あなたが経営者であれば、
社員のやる気にいちいち売上を左右されて
いたら、たまったもんではありません。
 
 
まずは、気持ちに影響を受けない仕組化を
構築することが、売上を安定させ、あなたの
心を落ち着かせることになります。
 
 
では、話を戻します。
 
何人中1人が契約するか把握できましたか?
 
 
これをすべてのベースに考えます。
 
もし、あなたの商品を売るのに、
10人に平均3回話して1人成約
する商品だとしたら。
 
 
あなたは、最低30回交渉の機会を
持つことになります。
 
 
でも、考えてください。
 
この30回すべてあなたが行う
必要がありますか。
 
 
1回目、2回目、3回目。
 
徐々に話の内容は回を重ねるごとに
商談は濃くなっていくと思いますが、
はじめから、あなたである必要があるかを
もう一度考えてください。
 
 
もし、あなたの出番が最後の3回目だけで
済む仕組みが構築できれば、あなたは、
物理的に今の3倍契約を取ることができます。
 
 
この考えが、あなたの時給を高めていくことになります。
 
1回目ないし2回目をいかに手放し、
他人もしくは他の媒体で行えないかを
考えることで、あなたは時間を減らしながら、
収入を上げることが可能になります。。
 
 
そして、今後もっと、自由な時間を増やし、
収入を上げたいと考えるのであれば、
自分の給料ではなく「時給」に拘ることです。
 
 
今やっているその雑多業務は、本当に
あなたである必要がありますか?
 
特に集客においては、人間である必要はありません。
 
 
1回目のアプローチは、質より量です。
 
人間には、物理的に量をこなすことができません。
そして、人間は「気持ち」に左右される生き物です。
 
 
1回目のアプローチで、卑下されれば、
その後、やる気の立て直しに時間がかかります。
 
 
しかし、量こなしの嫌な業務は、広告媒体に任せれば、
あなたは、話を聞きたいという方にのみ会えばいいのです。
 
 
1回目、広告による見込み客の開拓および冷やかし客の排除
2回目、信頼構築のためのフォローアップ
3回目、セグメント済の見込み客をクロージング
 
 
そして、あなたの最大の仕事は、クロージングではなく
各項目でいかに次のステップに誘導できないかを
考え改善を重ねることです。
 
 
一度、この仕組みができてしまえば、
あなたは、また異なる入口を設計することで、
更に収入は上げていくことができます。
 
 
人間は、誰しも平等なのは「時間」です。
しかし、その時間を何に使うかは、あなたが選択できます。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.