佐々木のコンサルスタイル

 

【記憶喪失になっても覚えておきたい集客ノウハウとは?】
 
 
※これは2020年8月31日発行のメルマガより
抜粋したものです。

 

 

 

こんにちは。
 
佐々木です。
 
 
 
集客には2段階のフェーズがあります。
 
 
1つは「鬼作業(肉体労働)」の段階。
 
もう1つは「広告」の段階。
 
 
お金がある人はいきなり広告のフェーズ
から始めるといいです。
 
 
 
広告は見込み客を短期間で
ごっそり集めてくれます。
 
 
ただしデメリットがいくつかあって
代表的なデメリットは…
 
 
・お金がかかる
・試行錯誤が必要
 
 
つまり、どの広告が反応がいいのか?
が分からないと、いくらお金があっても
なかなか反応が得られない。
 
 
しかし、すでにいい媒体を知っていて、
さらに反応率の高い広告がつくれている
のであれば、迷わず広告をやるべきです。
 
 
 
しかし、お金がない
のであれば「鬼作業」です。
 
 
だって「見込み客リストを持っていない」
のだから、ゼロから開拓するしか
ありませんよね。
 
 
しかもお金がないんだから
短期間で成果をあげないと
自分の会社がもたない。
のんびりと悠長にやっていられない。
 
だから鬼作業。
 
 
 
よく「どの広告が反応がいいですか?」
と聞いて来られる方がいますが
そんなもの答えなどありません。
 
 
業種によって様々ですし、
客層によっても様々ですし、
広告の出来にもよります。
 
 
さらに、毎回反応率を計測して
微調整していかなければなりません。
 
 
そこで「当たり」を見つけてしまえば
もうあとは「ほったらかし」状態。
 
(正確には定期的に微調整が
必要なのですが。。。)
 
 
 
あと、見込み客を大量に必要
であればあるほどお金がかかります。
 
 
少ない費用で大量に獲得・・・など
虫のいい話はかなりレアケースです。
まずあり得ないと思っていてください。
 
 
 
億を稼ぐ人たちは、なぜ億を稼げて
いるのかというと、その半分以上
広告費をかけているからなんです。
 
だから稼げているし、
それだけ多くの見込み客リストが
手に入るんです。
 
 
だからお金がある人は迷わず
広告のフェーズから始めるべき
なんです。
 
 
 
。。。なにも、億を稼いでいる人の話を
しているのではありません。
 
ある程度、反応のいい広告を探したり
試行錯誤ができるだけのお金が
あればOKです。
 
 
でも、それがない人は
肉体労働をするしかありません。
 
 
【汗をかかずに優雅に集客】
 
 
なんてもってのほか。
 
 
 
成功している人は、
将来もっと楽ができるようになるために
今も毎日コツコツと頑張っています。
 
 
今も毎日コツコツしているということは
ビジネスが軌道に乗るまでは
それはもう毎日ひたすら「鬼作業」です。
 
 
これは私の知る限り
みなさん共通です。 
 
 
「頑張った時期」が必ずあります。
それも「適切な頑張り」です。
 
ちゃんと「正しい努力」で、です。
そりゃあ中には何度も失敗を繰り返して
成功にたどり着いた人もたくさんいます。
 
 
でも頭のいい人は、それすら
ショートカットしてしまいます。
つまり、
 
 
「成功の仕方を知っている人に
教わること」
 
 
そうやって最短距離で進んでいっています。
だから若くしてサラリーマンの
生涯年収以上のお金を稼ぐことが
できているんです。 
 
 
 
。。。とはいえ、これを読んでいる人の
多くは、広告のフェーズにいない人が
殆どかもしれません。
 
 
なので次回はもっと現実的な
「鬼作業」の方の解説を
していきたいと思います。
 
 
ということで、続きは次回に!
 
 
 
 
【記憶喪失になっても覚えておきたい集客ノウハウとは? 後編】
 
 
前回の続きです。
 
 
 
成功する人には必ず
「頑張った時期」
「鬼のような努力をした時期」
があります。
 
 
逆に「ラクして成功してやるぜ!」
という人は、相当な回り道を
強いられています。
 
 
回り道をしても成功できれば
御の字で、たいていの人は
日の目を見ることなく
消えていきます。
 
 
 
なので、成功したければ、
「鬼のように努力する時期」
をおくる必要があります。
(だってそれしか武器がないんだから)
 
それも「正しい努力」で。
 
 
そして、正しい努力には、
「時短で」できる方法があります。
つまり短期間でうまく行く方法が。
 
 
 
それがSNSです。
ありきたりで誰もが言いそうなこと
ですが、本当なんだから仕方がない。
 
 
「何だ、SNSか。ありきたりだな~」
 
 
と思った人は、まるでまだ誰も聞いた
ことがない画期的なノウハウを
求めています。
 
 
でも考えてみて下さい。
 
 
まだ誰も聞いたことがない、
もしくは一部の人しかまだ知らない
ノウハウを知ったところで、
 
そんなまだ誰も知らないことを実行して
多くの人が食いつくと思いますか?
 
 
 
たとえば飲食店で、世間がまだ知らない・
食べたことがない料理があるとします。
 
 
店主がその料理を
「この料理はまだどこもやっていないから
絶対に繁盛するぞ~」
と提供したとします。
 
 
でもそんな「まだ誰も知らない・食べた
ことのない謎の料理」を宣伝して
食いつく人って、よほど好奇心旺盛な
チャレンジャーだけですよ。
 
 
世間に知られていないものを売るって、
相当な時間と費用がかかります。
 
 
たとえば個人店があまり知られていない
メニューを時間をかけて徐々に評判を得て
やっと世間に認知されブレイクしかけた
時には
 
大手がマネをし、豊富な資金に
モノを言わせて宣伝し、おいしいところを
全部持っていかれてしまいます。
 
 
個人店がそれまでかけた時間とお金と労力は
すべて大手がおいしいところをもっていく
ための「フリ」にされてしまうんです。
 
 
…それで潰れていった個人店・中小企業を
どれだけ見てきたことか。
 
 
本来は逆なんです!
大手がお金をかけて世間の認知度を
上げて流行り出したところに個人店が
労せず乗っかる。
 
本来はこうあるべきなんです。
 
 
弱者は、小さな市場で0から開拓しちゃ
いけないんです。
物が売れる原理原則があって、それは
 
 
【大きな市場の中で、まだ誰もやって
いない切り口で新しく感じさせる】
 
 
ことなんです。
 
 
 
つまり人気があるジャンルで、かつ
多くの人になじみがあるジャンルの中で
勝負することが前提。
 
そしてそのジャンルの中で
「新しく見える切り口」
で売ること。
 
 
ただしそこに「ニーズ」がなければ
意味がない。
ただの自己満足商品で終わってしまう。
 
だからリサーチが必要なんです。
 
 
。。。話が脱線してしまいましたね。
 
 
 
つまり「ありきたり」は成功するための
最低条件なんです。
 
 
「みんながやっている」
「みんなが知っている」
 
 
は、見込み客から見れば
「安心」なんです。
 
 
 
人は、知らないものに手を出すこと
に不安を感じます。
うさん臭さを感じます。
 
 
そんなところで勝負したって
遠回りするだけです。
 
 
時間やお金や労力ばかりかかって
仮にやっと成功したところで、
先行者利益は思ったほど得られません。
 
 
もっとカネのある奴、
もっと頭のいい奴
に持っていかれてしまいます。
 
 
 
だから凡人は、そんなギャンブル的な
ことをしたり夢を見るのではなく
ちゃんと「正しい努力」をしてほしい
んですね。
 
 
 
具体的に言うと、
 
 
【ビジネスは、何を売るか?ではなく
誰が売るか?】
 
 
で考える。
 
 
結局、その人に信用や影響力がなければ
どんないいモノを売ったところで
売れません。
 
 
知名度ゼロの無名の会社のあんちゃんが
「これ良いよ!」って宣伝するのと、
マツコ・デラックスが「これ良いよ!」
と言うのでは全然違うでしょ。
 
 
まぁこれは極端な例ですが、
それくらい“ポジショニング”って
大事なんです。
 
 
でもこれって、誰でもやろうと思えば
できるんです。それも短期間で。
 
 
 
私のクライアントの多くは
何らかのSNSをやっています。
 
やっていない人はほとんどいません。
 
 
そして、全員がインフルエンサー
的な存在です。
 
 
さらに言うと、特別な商品・
サービスを持っているわけでは
ありません。
 
 
中には売るモノ自体、持っていない
人もいます。
 
 
ただのフリーターで、ビジネス自体を
やっていない人です。
 
 
お金になる趣味も特技もない。
専門知識なんてもってのほか。
商品もサービス自体もない。
 
そもそもビジネス自体、
やったことがない。
 
 
それでも月収80万円以上を稼いでいます。
それもたった4ヶ月ほどで。
 
 
ちなみに私と出会った頃はまだ
SNSのアカウントだけある状態でした。
投稿は1つもされていませんでした。
 
友達やフォロワーは学生時代の友達7人だけ。
ビジネスに関係のないリアル友達だけ。
実質0人です。
 
 
そこから4ヶ月で毎月80万以上です。
信じられないでしょ。
 
 
でもそんな人は一人や二人
ではないんです。
 
 
専業主婦(主夫)の方も多く
いらっしゃいますし、
ニートの方も2名ほどいます。
 
 
いずれも平均4カ月前後で
同様の成果が出ています。
 
 
それも今年(2020年)の話です。
この自粛期間での話です。
 
 
こんな、どのビジネスも苦しんでいる
さなかに、何の商品も店舗も
ノウハウも経験もない人が、
平均月収80~120万も稼いでいるのです。
 
でもそんな事例、SNSの世界では
掃いて捨てるくらいあります。
 
 
もっとすごい事例は山ほどあります。
 
逆に「月収80?甘いぜ佐々木よ。俺なら
もっと稼がせられるぜ」という人も
いるかもしれません。
 
 
でもそれくらいSNSを上手に運用すれば
いくらでも稼げるんです。
影響力など、短期間でつけられるのです。
 
(あ、クライアントのすべてがSNSを
最優先で指導しているわけでは
ありませんよ)
 
 
要はなんでも「やり方」次第です。
どんなに「ありきたり」なジャンル
のモノでも「やり方」次第。
「見せ方」次第なんです。
 
 
 
鬼作業であれなんであれ、
「正しい努力」で濃い見込み客を
コツコツ集めれば、
 
たとえ売れる商品がなくても
稼ぐことはできます。
 
いや、商品などなくても稼ぐことが
できるんです。
 
 
 
「いやいや・・・売るモノがなくて
どうやって稼ぐんだよ。いい加減なコト
言ってんじゃねーぞ」
 
と思われる方は、無料電話相談を
お申し込みください。説明しますので。
(別に何かを売り込んだりなんか
しませんのでご安心を)
 
 
 
なんにせよ、鬼作業でも広告でも
何でもいいんです。
 
 
濃い見込み客をたくさん獲得することが
出来て、あなた自身が影響力ある
ポジションをつくることが出来れば
 
商品がなくても稼ぐことなど
十分できます。
 
 
そうして稼いでお金をためたら
そのお金で広告のフェーズに進めば
いいんです。
 
 
。。。そこまでの道筋を私はコンサル
で指導し、実現させています。
 
 
…こういうことは独学ではほぼ無理です。
出来たとしても、ものすごく
遠回りの時間と思った以上のお金と
試行錯誤の労力がかかります。
 
結局、私のコンサル料を上回る
時間とお金と労力がかかって
人生をムダに過ごすことになります。
 
 
何度でも言います。
成功するための最も最短なルートは
 
 
【成功の仕方を知っている人に教わる事】
 
 
です。
 
 
 
オリンピックでもいっしょ。
例えば水泳でも、
 
近所のスイミングスクールでは
オリンピックに繋がらないんです。
 
 
つまり「誰に教わるか?」
「誰と出会うか?」が重要で、
 
オリンピックにつながる人に指導
してもらわないと、オリンピックには
つながりません。
 
 
高校野球とかもそうですよね。
 
甲子園につながる監督がいる学校に
行かなければ、可能性がゼロとは
言いませんが、相当難しいですよね。
 
 
予備校もそう。
東大に行きたければ、
東大の受かり方を知っている人に教わる。
 
2流・3流大卒の人より、東大出身の人
に教わった方が確率が高いですよね?
 
 
 
ビジネスも同じなんです。
ていうか、なんでビジネスだけ違うと
思っているのか?
 
 
なんでも同じです。
稼ぎたければ、稼いでいる人に教わる。
実際に稼がせている人に教わる。
 
 
自力でできると思わない!
自力でできる人はとっくの昔に
できています。
あなたが天才であればとっくに。
 
 
 
まずは自分を凡才だと認めること!
そして、一刻も早く
 
「稼ぎ方を知っている人」
 
に教わること。
 
 
そして、まずは第一歩を踏み出すこと!
踏み出す勇気を持つこと!
環境を変えること!
 
 
よく「お金がないからできない」と言って
踏み出せない人がいます。
 
でも成功している人はみんなはじめから
そんな予算があったのか?
違います。
 
 
「交渉力」があっただけなんです。
いくらならあるのか?
足りない分、何をあなたは提供
できるのか?
どんな提案があるのか?
どんな情報・ノウハウを持っているのか?
どんな交換条件があるのか?
 
 
お金がないからといって、何事も簡単に
諦めてはいけません!
なんでもダメもとで交渉してみる。
バカのふりして聞いてみる。

 

何でも「クレクレ君」では
結局何も得ることはできませんし、
誰も助けて差し上げようとは思いません。
 
 
これは、指導を受けている人も同様で。
 
 
せっかくこちらが指導しても、
素直に実践してくれなければうまく
行かないんです。
 
 
だってせっかく正しい努力の
仕方を教えても
 
「いや、これは以前やってうまく
行きませんでした」とか
 
「でも…」みたいに否定から入ったり
「忙しくて出来ませんでした」
と言い訳をする人もうまく行きません。
 
 
これはビジネスに限らず、
あらゆることに通じますよね。
 
 
素直に実践しなかったり、固定観念の塊
だったり、先延ばしをしたり、
否定や言い訳ばかり言う人が成功
するわけがないんです。
 
 
何ごとも、ノウハウさえ手にすれば誰でも
できるってわけじゃないんです。
 
マインドとノウハウは車で言う
「両輪」で、両方ないとうまく行きません。
 
 
 
。。。話が本線からだいぶ逸れて
しまいましたね…。
 
 
要は、濃い見込み客をたくさん獲得
できるまではひたすら「鬼作業」
だと言うこと。
 
 
「たくさん」ってどれくらいかというと、
あなたがひと月に
 
「せめてこれぐらいは…」
 
と思う額です。
 
 
ひと月に「せめてこれぐらいは…」と思う
額が稼げるということは、見込み客を
コンスタントに集めることができるという
ことだし。さらに
 
集めた見込み客にあなたの商品・
サービスに興味を持ってもらうことが
できていて、かつ売れて
「これぐらいは…」という額が現実に
稼げているわけですから。
 
 
だからそこに今まで鬼作業でやってきた
仕組みを広告のフェーズに当てはめても
若干の微調整でうまく行くわけです。
 
 
 
なので、それを達成するまではひたすら
「鬼作業」の期間。
 
 
人生の中で最も地道で辛く、
光がなかなか見えない時期もあるかと
思います。
 
でもそれでもひたすら鬼作業。
 
 
 
それが辛ければ、
「成功している人に直接教わる事」
です。辛ければ、ね。
 
 
要は
「お金をかけて成功までの時間を買う」

「金をかけずに時間と労力をかけるか」
 
それしかないんです、結局は。
 
 
どれもかけないでうまくやろうなど
愚の骨頂。アタマお花畑です。
 
 
だって“ビジネス”ですよ。
みんな本気で、頭から煙をふかせながら
寝る間を惜しんで必死に鬼作業を
しているんです。
 
だって生活がかかっているわけですし。
家族を食っていかさなきゃいけない
わけですから。
 
みんな必死なんです。
 
 
そんな中にあなたもいるんです。
 
そんな中に甘っちょろい考えの人が
勝てるわけがないですよね?
 
 
意外とそういうことがイメージ
できていない人が多いので、
 
一度「自分はそういう世界で
勝負しているんだ」と
イメージしてみて下さい。
 
 
そうすると今あなたがやっている
ことが果たしてそれでいいのか?
 
もっとやるべきことがあるのではないか?
と思い当たることも出てくるのでは
ないでしょうか?
 
 
ぜひそういう観点で考えながら、
あらためて今やっていることを見直しながら
進めていってください。
 
 
それでは本日はここまで!
 
 
 
 
 

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.