ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

ストーリーがシンクロ率を上げる

2020/05/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたは、どんなときに共感したと思うでしょうか?
 
 
少し、その時のことを思い出して下さい。
 
 
ただ、その思い出して頂いた共感は、少しのズレがあったら
そこまで共感はできなかったのではないでしょうか?
 
 
そして、その共感のほとんどは、
体験談(ストーリー)などによって、シンクロします。
 
 
ただ、先程も言いましたが、少しでもズレが
生じると、シンクロしないだけではなく
逆に、うっとうしい存在になります。
 
 
欲しがってもいない人に商品を売るのと
今すぐ売って欲しいとお願いされている人に売るのとでは
売る行為は同じだとしても、まったく意味合いが違います。
 
 
だから、目の前にいる相手が「今」何を考え、
どう思っているのかを、「常に」考えなければいけません。
 
 
対面の場合、話を聞いていない時と興味を持った時は、
表情がまったく違うのが分かると思いますが、
これは、サイトでもチラシでも何でも同じです。
 
 
お客様の中には、必ず感情が存在します。
その感情が、共感に変わるか無関心に変わるかだけです。
 
 
だから、ただ文章を書くのではなく、
相手が「今」何を思っているのかを、
想像しながら構成する必要があります。
 
 
そして、ここで重要なのは、流れです。
導入部分とこの流れが、相手を引き込みます。
 
 
このはじめの段階で躓いてしまえば、
あなたは望む結果を得ることができません。
 
 
まずは、共感を得ようと考えて構成するのではなく
どうしたらシンクロ出来るかを考えていけば
おのずと、共感ポイントは見つかります。
 
 
では、どのようにその共感ポイントを見つけ、
シンクロさせることができるのかというと
 
お客様の「今」を見て、あなたがこれまでに同じ経験をした
「過去」を重ねることが、心の扉を開く鍵となります。
 
 
遠い過去ではなく、少し前を歩いているんだというのが、
最も重要で、共感に変わります。
 
 
10年前は貧乏で、今は億万長者という人より、
3ヶ月前までは、500万円の借金があったけど、
今は完済し、危機を乗り越えました。という方が、共感に繋がります。
 
 
人は、自分より遠すぎる人は、憧れにはなったとしても
共感の感情は生まれません。
 
 
だから、販売者は、キラーストーリー(過去の恥ずかしい自分の話)をし、
共感ポイントにアクセスしてくるのです。
 
 
借金がある人には、借金の話を
自殺経験のある人には、自殺の経験を
離婚経験のある人には、離婚話を
 
 
同じ経験をしたことがない人には
その辛さは、理解できません。
 
 
だからこそ、同じ経験を持つ人は
共感し合うのです。
 
 
ただ、あなた自身その問題を解決したのであれば、
次は、その困っている人を助けてあげる必要があります。
 
 
少し前の自分を思い出して下さい。
 
あなたも誰かに助けてもらい抱えていた問題を解決したはずです。
今度は、あなたが困っている人を助ける番です。
 
 
これまでに、同じ経験をしていれば、
シンクロさせることはそれほど難しくないはずです。

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.