ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

あなたは鯛を釣るのにどんな餌を用意しますか?

2020/04/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

釣りをしたことがない人でも
海老で鯛を釣るというのは
聞いたことがあると思います。
 
 
しかし、現実あなたの広告はどうでしょうか?
 
 
海老が好きなお客様に、あなたが好きな
ステーキを餌にしてはいませんか?
 
 
もし、お客様を鯛とするのであれば、
あなたはお客様が好む海老を用意しなければいけません。
 
 
あなたがステーキが好きだからと言って
お客様も同じとは限らないのです。
 
 
では、広告で言う餌の部分は何を指すのか?
それは、キャッチコピーやオファーと呼ばれる部分です。
 
 
オファーについて、もっと分かりやすく言えば、その広告の目的。
多くの人は、目的と言うと、単に申し込みと考えますが、
これは、オファーではありません。
 
 
オファーとは「提案」です。
あなたの提案をどうしたら受け入れてもらえるのかを
考える必要があります。
 
 
この視点で考えると、
その申し込みは、きちんと提案になっていますか?
 
 
お客様は、広告を通じてメリットと感じる反面、
リスクも同時に感じているのです。
 
 
そのリスクを回避するだけのオファーがなければ
そこにある申込みフォームは存在価値をなくします。
 
 
この事実を冷静に認識しなけばいけません。
大概、広告を行うと、いい面しか見えなくなるので、
回避策を施策として入れていないケースばかりです。
 
 
しかしお客様は、メリットを感じれば感じる程
並行して、リスクも感じてしまいます。
 
 
だから、あなたはいい商品を作り案内するのであれば、
同時にお客様が抱えるリスク回避策(リスクリバーサル)も
考える必要があります。
 
 
多くの経営者は
メリット=申し込み
 
 
こう考えてしまいますが、あなたも経験あると思います。
 
 
欲しいけど、本当に使うんだろうか?
いい商品みたいだけど、使いこなせるかな?
 
 
そう、お客様の心の中を表すと
メリット⇒リスク⇒回避策提案⇒申し込み
 
 
この流れが存在し、その解決策も同時に提示しなければ
希望する答え(申S-1い込み)を得ることは出来ません。
 
 
もし、あなたが扱う商品に自信があるとしたら、
もっとアプローチ方法(売り方)にも拘る必要があります。
 
 
いい商品であればなおさらお客様が感じるリスクも
承知した上で戦略を考えて下さい。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.