ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

文書は簡潔にという神話

2020/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたは一度はこんなことを
耳にしたことはないでしょうか?
 
 
「文書は簡潔に」と
 
 
ただ、これには重要な要素が
抜け落ちています。
 
 
それは、「社内文書」という文字です。
 
正解はこうです。
 
「社内文書は簡潔に」
 
 
これがいつのまにかお客様に対する
文書までも簡潔にしなければ読んで
もらえないと誤解する人が出てきました。
 
 
長い文章が読まれないのではなく
書いてある内容がつまらないから
読まれないだけです。
 
つまらない文書はいくら簡潔に書いても
読まれることはありません。
 
 
もう少し、この文章について見ていきます。
 
あなたは営業するのに何時間使っていますか?
 
 
当然、1回の面談で決定することなどないと
思いますが、そう考えると1人のお客様に対し、
かなりの時間をセールスに費やしていることになります。
 
 
でも、おかしくないですか?
 
このセールスで話したことを
仮に書き起こしをしたら何ページ
になるでしょうか?
 
 
そう、莫大な枚数です。
にも拘らず、お客様に送る文章は簡潔にという。
 
 
あなたは、たった1枚の紙に営業内容の
すべてを書き出すことは可能でしょうか?
 
 
当たり前ですが、できません。
 
 
よく縦長のサイトは怪しいという人がいますが、
営業内容を1枚の紙では足りないと言う。
 
そう、ここにも誤解があります。
 
 
長いページが怪しいのではなく
デザインや書いてある内容が怪しいだけで、
 
それを一緒くたに長いだけで怪しいと
感じるのは思い込みです。
 
 
ただ勘違いして欲しくないのが、
意味もなく長くすればいいという
ことではありません。
 
最低限必要なことを書き出した上で
不要なものは削除することです。
 
 
では、どうしたらお客様が読みたくなる
文章が書けるようになるのか?
 
 
この質問をもしあなたがするとしたら、
つまらない営業をお客様にしている証拠です。
 
 
文章というから難しく感じますが、
あなたが日ごろしている営業をそのまま
文章にすればいいだけです。
 
 
書き出した文章を読み返して、つまらないと
感じれば、あなたはそのつまらない話を
お客様にしていることになります。
 
 
文章以前の問題です。
 
もっとお客様の現実に入り込み、
どんな事に悩んでいるのか?
 
そして、どんな話題を提供すれば
関心・興味を示すのか?
 
 
この視点で考え、まず営業の場で話すことです。
 
そこで、いい反応が得られたとしたら、
それをそのまま文章化にすれば、
オリジナルの興味深い文章が出来上がります。
 
 
あとは、その出来上がった文章を
営業を感じさせず読んでもらうには
演出が大切です。
 
 
あなたのその文章は営業?
それとも専門家からの情報?
 
 
同じ内容でも、意味合いや印象は
演出次第で、まったく異なりますので、
見せ方も意識することです。

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.