ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

商品ではなく興味を持ち続けてもらうこと

2020/04/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたが、お客様にずっと支持され
商品を買い続けてもらいたいとしたら、
あなたがやることは、商品の改良ではなく
興味を「持ち続けてもらう」ことです。
 
 
それには、お客様にとって商品のクオリティーより
大切なことを知ることです。
 
 
それは、
 
 
抱えている悩みの解決だったり、
得たいと考えている欲求だったりという、
 
 
お客様が考える「願望」です。
 
 
そして、その願望を手に入れることで
お客様は次のステージに上がります。
 
 
もし、その時、あなただけ、その場で
停滞していたら、お客様に置いていかれます。
 
 
これは、何を意味するのか。
 
 
あなたが、商品に固執する限り、
商品にあう新しいお客様を、
常に探さなければいけないということです。
 
 
これでは、あなたはいつまで経っても楽はなりません。
なぜかというと、新規客は一番コストがかかるからです。
 
 
しかし、あなたは自分のサービスや商品をお客様に
分かってもらえれば、リピートされると思ってしまう。
 
 
このギャップが、実はリピートされない根源となっています。
 
 
では、お客様は何を望んでいるのか?
 
 
それは、商品ではなく興味を持ち続けてもらうことです。
 
 
お客様は、すぐに飽きます。
お客様は、すぐに諦めます。
お客様は、すぐに挫折します。
 
 
そう、あなたの商品が、世界的に素晴らしいとしても、
お客様自身の特性上しかたないのです。
 
 
だから、商品にフォーカスしても意味がないのです。
お客様が、興味を持つようにあなたは誘導してあげる必要があります。
 
 
その方法とは、
 
1.なぜ
2.何
3.どうやって
4.今すぐ
 
 
この流れによって、構成すればいいのです。
 
 
学校教育は、「何」と「今すぐ」しかありません。
 
だから、この「何」人間と「今すぐ」人間は、
勉強ができるように感じますが、
実は、販売者であるあなたが誘導できることなのです。
 
 
学校教育と同じ、生徒が出来ないのは先生の指導が悪いから。
もし、あなたがお客様に対して、この4つの流れで伝えていれば、
お客様は興味を持ち、行動することが出来ます。
 
 
行動しなければ、いくらいいことを伝えても
まったく価値はありません。
 
 
勉強とは学ぶことではなく、行動に繋げることです。
 
 
そして、あなたが何かを販売したいとしたら、
お客様に伝えることなくして、売る事は出来ないはず、
 
その為にも、お客様に行動(購入)してもらいたいとしたら、
あなたは、行動してもらうための教育を行う必要があります。
 
 
あなたは、お客様に対して何をすれば、
興味を持ってもらえますか?
 
 
商品ではなく、お客様の興味を引く方法を考えてみて下さい。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.