ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

10倍の価値を提供できているか?

2020/04/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたは価格を決める際に何を基準にしていますか?
 
 
経費基準?
 
 
でも考えて下さい。
これは、お客様にはまったく関係ない事です。
 
 
あなたの会社の家賃・人件費・仕入れ原価など
これは、すべて矢印があなたに向いています。
 
 
この経費基準にすると、1人雇うごとに
単価を上げなければいけないことになります。
 
 
しかし、一度価格を決めると上げることも出来ずに
利益を圧迫することとなります。
 
 
そう、矢印をあなたに向けた状態で決めた価格は
最終的にあなたを苦しめることになります。
 
 
では、何を基準にして決めればいいのか?
 
 
競合他社?
これも結局、同じです。
 
 
サービスクオリティーもまったく同じで
仕入れ先もまったく同じことなどありません。
 
 
もし、まったく同じに状態だったとしても
お客様は単純に安い所へ流れるだけです。
 
 
そして、競合他社のサービス内容を、参考にしたとしても
これまたお客様には関係ないこと。
 
 
では、何を基準にすればいいのか?
 
 
それは、お客様基準。
あなたは、お客様に対して10倍の価値を提供する必要があります。
 
 
もし、あなたが決めている価格がこの10倍の価値を
提供できていなければ、サービスを追加して
価値を届ける必要があります。
 
 
ただ、これにも注意が必要です。
その注意とは、あなたが感じる価値とお客様が
感じている価値は違うと言うこと。
 
 
すべての人が同じようにサービスの価値を
同等に感じることはありませんが、
サービスを受けている人がひとつでも10倍の価値を
感じてくれるようには、設計する必要があります。
 
 
僕のサービスも人それぞれ
使い方が違います。
 
 
メルマガを毎日印刷し、貼っている人もいれば、
毎日メルマガの返信を行い、ライティングを勉強している人もいます。
 
 
それ以外にも、販促物の添削をしている人など、様々です。
 
 
まずは、50%出来たらスタートして下さい。
 
 
そして、お客様の反応や要望を見ながら、
残りの50%を完成していくことでサービスが向上します。
 
 
ただ、スタート時にも意識しておかなければいけないのは、
50%の段階であっても10倍の価値を提供できるように
サービスラインナップを考えなければいけません。
 
 
決して、原材料や競合他社が値上げしたから自分も
便乗してということは基本しない方がいいでしょう。
何度も言いますが、お客様には、あなたの矢印は関係ありません。
 
 
値上げせざるをえないとしたら、
お客様に対する価値も上げて下さい。
 
 
仕入れ原価が上がったから仕方ないと考え、
単に金額だけ上げるのは「奪う戦略」です。
 
 
100円の値上げを行う場合、最低でも1000円分の価値を
追加して下さい。
 
 
この時、追加する価値は、お金のかかるものでなくても結構です。
お客様が、価値と感じるものであれば、原価はゼロでもいいのです。
 
 
あなたのお客様は何に困り、何を価値としてもらえると嬉しいのか?
 
 
このように考えれば、提供する価値は見えてくるはずです。
常に「与える戦略」を基軸に考えて下さい。
 
 
以前も話しましたが、同じサービスでも
予想外の方が価値を感じてくれます。
 
 
プチケーキをセットメニューに始めから付けておくのか。
それとも、予想外にサービスするのかによって、
同じケーキのサービスでも嬉しさの伝わり方が
変わることを忘れないで下さい。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.