ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

成約率は、見込み客の段階で決まる

2020/10/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

マーケティングを完璧に行うと
セールスは不要になります。
 
 
イメージしやすいのが、
年末の福袋を目がけて
列に並び買いに来るお客様。
 
 
この方たちに、セールスしている
光景などほとんど見たことありません。
 
 
というか、
忙しすぎて、レジで手一杯です。
 
 
すべてが仕組み化され、上手くアプローチ
出来れば、このように列をなし、セールス
不要で売ることが出来ます。
 
 
ただ、これを自分のビジネスに
置き換えるとなると分からなく
なるだけです。
 
 
一番多いのが、
見込み客がどこにいるのか分からない。
 
 
次に、見込み客らしき人は見つかったけど、
ズレてしまっているケースです。
 
 
そう、違ったり、ズレていれば、
その後、セールスが大変になるだけです。
 
 
当然、不要な人に売る場合、
気持ちも滅入り、堂々と話せなくなります。
 
 
しかし、
セールスせずとも成約が決まれば、
おのずと自信もつき、堂々とした
セールスに変わります。
 
 
それも、見込み客次第。
 
 
ただ、このままではイメージしにくいので、
参考例を出します。
 
 
1.美容・リラクゼーションにも興味がない人
2.美容・リラクゼーションには興味ある
3.軽い悩みを抱えている
4.キッカケさえあれば解消したい悩みがある
5.今すぐ解消したい悩みがある
 
 
仮に、このような段階があるとしたら、
2の人に向けてセールスするのと
5の人にセールスするのとでは、
成約率が大きく変わります。
 
 
もちろん、1にセールスしようとは思わないと
思いますが、上手く行かなくなると誰にでも
セールスをしてしまう人がいます。
 
 
それは、ネットワーク系や保険の人に多いです。
 
 
では、どうしたら、
5の人を見つけることが出来るのか?
 
 
それが、「マーケティング」です。
 
 
マーケティングを使えば広告のアプローチの
仕方で、5を集めることは可能です。
 
 
そして、
ここで注意しなくてはいけないのが、
 
 
新規見込み客の広告のやり方は大きく
異なるということです。
 
 
それは、
キャッチコピーの作り方から
文章の表現方法など、すべて違います。
 
 
簡単に言うと、「フック」が必要です。
 
 
そのフックを表現できるかどうかが、
成否を大きく変えます。
 
 
フックとは、言い換えると、切り口です。
 
 
では、その成約の成否を決める
見込み客の集め方については、
 
⇒ URL
 
 
 
<補足>
 
あれ、気づきました?
これが、見込み客に向けてのメールです。
 
文中で期待を最大化させ、メインの答えは、
セミナー(URL)で誘導させます。
 
テレビの予告と同じですね。
期待感を大きくして、肝心な答えは、来週。
 
 
あと、文章も1行が短いのに気づきましたか?
見込み客は、1行が長いものは本能的に見ません。
ですので、文章の作りも異なります。

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.