ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

広告は、自分にもできそう!が重要!

2020/04/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

まず、これを見て下さい。
 
 
「1000万円の広告費で2万人を集める方法」
 
 
これを見て、どう思いましたか?
 
 
これって、すごいのかな?
自分には関係ないや。
嘘つけ、怪しい。
 
 
こんな感じではないでしょうか。
では、この人が嘘をついているのか?
 
 
そんなことはありません。
事実です。
 
 
ただ、受け取る側はそうは感じない。
なぜか?
 
 
それは、自分の現実とはかけ離れているからです。
 
 
そのメッセージを発信した人の現実では
当然なことであっても
 
1000万円の広告費を使えない人にとってみたら、
「へーそうなんだ。すごいかもね」となってしまうのです。
 
 
そう、何が重要なのかというと、
あなたの現実ではなく、お客様の現実にマッチした
広告を出さなければ意味がないということです。
 
 
もちろん「1000万円の広告費で2万人を集める方法」
この広告に響く人をターゲティングしているのであれば
いいのですが、もしあなたが広告費を10万円使える人を
ターゲティングしていたら、まったくもって見込み客違い。
 
 
そう、あなたが集めたいお客様に響く
広告文を考えなければ、夢の言葉。
 
最悪なケースは、真実であっても胡散臭いと
感じさせてしまいます。
 
 
だからと言って、差支えない言葉を
キャッチにすると誰も見向きもしません。
このバランスが、非常に難しいのです。
 
 
怪しくならず、ターゲティングしていうる見込み客を
集められるかが、ポイントになります。
 
 
例えば、美容院向けの広告はどうでしょうか。
6万円で84人を来店させた広告テンプレートをプレゼント!
 
 
6万円なら、お小遣いでも出来そうだし、
プレゼントなら、リスクないし。
 
 
他には、
食事制限なし。2ヶ月で△25cmウエストダウン。
 
 
これはどうですか?
運動をせずに怠けながら出来る夢ダイエットに
憧れている人には良いと思いませんか?
 
 
最後は、
小学3年生でも出来た○○。
 
 
これらに共通しているのは、
「自分にもこれならできそう」と感じさせていること。
 
 
そして、キャッチコピーで最大に意識しなければいけないのが、
まったく知らない人に電話して、考えたキャッチコピーを言うだけで、
「もっと話を聞かせて」と言ってもらえるものでなければ意味がないということです。
 
 
コピーライティングは、文章が上手い人が有利なのではなく
セールスが上手い人=コピーライティングが上手い人
なのです。
 
 
そう、だから電話の第一声で「もっと聞きたい」と思うような
キャッチが言えれば、それはチラシにも使えるということです。
 
 
そして、注意するポイントは、あなたがターゲティング
している人の現実にマッチしたものになっているか?
 
 
この2つを意識して、キャッチコピー考えてみて下さい。
 
 
更に、お客様が響く言葉とあなたが言いたい言葉が
必ずしも一緒ではないという事実を知りましょう。
 
 
あなたの現実ではなくお客様の現実にある言葉を
意識することで、反応は大きく変わってきます。

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.