ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

気づけた時にしか成長しない

2020/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

アドバイスを行っていると、
飲み込みが早い人がいます。
 
 
これは、自分でもそうなのですが
すぐに分かるときと、なかなか
分からないときがあります。
 
 
それは、なぜか?
 
 
人は、教えた時ではなく自分で気づけた
ときにしか吸収できないからです。
 
 
そして、
アドバイスは、そのきっかけで
しかありません。
 
 
早く吸収できる時は、自分に関連する
ことだったり、自分のステージが
そこにあるときです。
 
 
これは、レベルの問題ではなく、
あなた自身のステージの問題です。
 
 
だから、
同じことを言ってもステージよって
受取る印象は異なり、
 
すぐに得られるときとなかなか
得られない時があるということです。
 
 
そして、
たまに自分の中に答えはあると
言う人がいますが、
 
これはもっともっぽいのですが
実は「前提条件」が必要です。
 
 
そして、
その前提条件がなければそもそも
答えなど出るはずないのです。
 
 
では、
その前提条件とは何か?
それは
 
「情報のインプット」です。
 
 
人間は、高性能な検索エンジンです。
当然、はじめに情報を入れなければ
空っぽの状態です。
 
 
そして、
この空の状態では、自分の中から
答えなど出るはずありません。
 
 
その為にも、
まずは頭の中に情報をインプットする
ことが大切となってくるのです。
 
 
そして、
その情報を使う場合は入れるだけでは
意味がなく必要なときに引き出す作業が
必須になります。
 
 
その引き出す作業とは、
自分自身への「質問」です。
 
 
あなたはこれまでに、こんなことを
聞いたことありませんか?
 
 
寝る前に自分に質問して寝ると、
朝には答えが出ていると。
 
 
これは寝ている間に脳の中の
検索エンジンが働いているからです。
 
 
だから、起きた時に「答え」が
出てくるのです。
 
 
しかし、
情報がない人が脳に対し答えを探しても
答えは「ヒットしませんでした」となり
何も得ることはできません。
 
 
だから、
あなたが何かを得る時に意識しなければ
いけないのは自分の状態を知ることです。
 
 
自分が聞く状態になっていなければ、
いくらいいことを教えてもらっても
すぐに役に立つことはなく忘れます。
 
 
では、どのようにアドバイスを
求めればいいのか?
それは、
 
自分の中を検索しても見つからないもの。
 
です。
 
 
そう、
自分はそのことについて知りたい
(聞く状態)であるものについて
アドバイスを求めるということです。
 
 
たまにどうでもいいことに拘る人が
いますが、それは3秒後に忘れるだけ
なので、拘っても意味がありません。
 
 
それは、
ただの「自己満足」です。
 
 
そうではなく、
このように聞く状態を作った上で、
アドバイスを求めると気づくことも出来、
成長も加速します。
 
 
そして、
あなたがアンテナを立てると決めるだけで
脳はロックオンされ、すぐに必要な答えは
見つかります。
 
 
あなたは、今、何について興味があり
どんなことに対し聞く耳を持っていますか?

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.