ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

実際に販売しなければ、本当の反応など分からない

2020/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

「アプローチしたお客様の反応はどうだった?」
 
 
こんなことを会議で話す人がいますが、
これは、時間のムダです。
 
 
これは「戦略がありません」と
言っているのと同じです。
これで、売上が上がるはずもない。
 
 
商品を買うまでは「見込み客」という現実を
知る必要があるのですが、
 
よく勘違いするのが、現状のお客様に、
新規商品の意見を聞くこと。
 
 
これは、ほぼ参考になりません。
 
 
バージョンアップの意見を聞くのであればいいのですが、
まったく違う商品の意見を聞くということは、
見込み客に聞いているのと同じです。
 
 
そして、その意見を聞いているお客様は
どれだけ買う可能性があるのでしょうか?
 
 
戦略を立てる上でのベースにはなったとしても、
本当の答えなど見つかるはずありません。
 
 
なぜなら、買うかどうかも分からない人に意見を聞いても、
自分が答えて欲しい意見をただ合っていると確認し、
安心したいだけになるからです。
 
 
これでは、時間を浪費することになります。
 
 
以前、ある機器を扱っていた代理店が、
「商品が高い」と言われたことをきっかけにし、
数千万円かけて簡易版の開発を行ったことがありました。
 
 
その結果、まったく売れない。
 
 
そして、その意見を言った人に商品を持って行くと、
 
 
「商品を安くすれば、買うって言ったじゃないですか」
「まさか本当に作るとは思わなかったよ」
 
 
そう、ただの断り文句を営業マンは信じてしまったのです。
そして、そのムダな意見を正当化する為に
 
安ければ買う可能性があるという意見を
自ら誘導し、集めてしまったのです。
 
 
そう、自分の意見が合っているということを
ただ、確認したい為に。
 
 
実は、同じような話は世の中溢れているのです。
ではどうしたら、本当の答えが見つかるのでしょうか?
 
 
それは、簡単。
 
 
見込み客に意見を聞くのを止めて、
実際にテスト販売すればいいだけです。
 
 
完成版である必要はなく、
まずは、テスト販売を行います。
 
 
極論は、商品を作らず
先に売って確かめてもいいぐらいです。
 
 
そして、購入してくれた人に
意見を聞けばいいのです。
 
 
そう、この段階でこの人は、
商品はまだ手にしていなくとも
もう見込み客ではありません。
 
 
そう、お客様なのです。
 
「お金を払う」と言う人に聞かない限り、
想像の領域を超えることはできません。
 
 
この世の中、ビジネスの答えを知っている人は、
存在しません。
いくら多くの意見を集めたとしても。
 
 
だから、賢いあなたはこの先、
見込み客に意見を聞くのではなく
 
実際に販売し、答えを聞いて下さい。
あとは、その答えをベースに
精度を上げて行けばいいだけです。
 
 
あなたがすること、それは50%完成したら、
実際売ってみる。
 
 
100%の完成を待つ必要などもうないのです。
 
 
お客様は、あなたが考えた100%の商品を
受け入れる保証はないということを知りましょう。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.