ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

想像したら100%間違える

2020/06/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたが、お客様のことを想像した瞬間、
100%間違えることになります。
 
 
言い方は悪いですが、あなたの想像ほど
当てにならないものはありません。
 
 
もし、あなたの想像を自分のビジネスに
役立てたいとしたら自分自身がその分野で
お客様になるしかありません。
 
そう、あなた自身が競合他社のお客様になるのです。
 
 
お客様の感情は、販売者には
想像は出来たとしても想定できません。
 
当然、想定できないものは無理に想像し
提供しても売れることはありません。
 
 
痩せたいと思っているデブの人の悩みは、
痩せている人には分かりません。
 
 
ただ肉がついているのが嫌なのか?
 
歩いている時に肉が揺れているのを
感じるのが嫌なのか?
 
それとも、肉と肉が擦れて痛いのかな?
 
 
これは、悩んでいる本人にしか分かりません。
 
 
そして、その時、どんな思いでいるのか?
痩せたとき、どんな気持ちになったのか?
 
 
そして、昔を振り返ると、今はどんな
気持ちで過ごせているのかなど。
 
 
もし、あなたがこの悩みを抱えた経験がないとしたら
ダイエットをしている人に聞けばいいだけです。
 
 
想像は「敵」です。
 
もし、少しでも多くの人を救いたいと
願うのであれば、あなたの自己満足な
感情は抑え、お客様に聞くことです。
 
 
きっと聞かずにやった施策は意味が
なかったと実感するだけです。
 
同じ悩みを抱え、お客様になったことがない人は
お客様に聞くだけで、どうしてそんなことに
悩んでいるのかが分かるはずです。
 
 
ただ、聞くといっても注意が必要です。
 
聞き方も、事務的に聞いても
本当の答えは出てきません。
 
深い悩みを、今日あったばかりの人に打ち
明けるほどお客様はバカではありません。
 
 
考えてみてください。
 
相手は、営業をかけられまいと警戒しているのです。
 
そんな人に、自分の弱み(深い悩み)を
すんなり答える方が不思議だとは思いませんか?
 
 
そう考えると、初めて来たお客様に聞くのは
相当難しく、聞けた答えが本当かどうかも疑問です。
 
 
だとしたら、どうしたら、そのお客様が心を開き
本当の答えを聞かせてくれるかを考えることです。
 
 
ひとつの方法としては、
あなたから先に悩みを打ち明けることです。
 
そうすることで相手は安心し心を開きます。
 
 
あなたの悩みを打ち明けれる相手という
ことも考え、まず誰に聞けばいいのか?
 
そして、その答えは本心なのかを
見極めて施策に役立てることです。
 
 
もう一度、大切なので言います。
 
あなたは、自分の業界でお客様
になった経験がないのであれば、
あなたの想像は役に立ちません。
 
 
お客様と販売者の考えは
一致しない事実を知りましょう。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.