ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

与える戦略がもたらす印象

2020/06/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

「今までは、なんか無理があった」
これは、ある会員さんが言った一言です。
 
 
広告を行っても、お店で次のサービスを
提供しても、今まではなんとなく無理に紹介
しているという印象を感じていたようです。
 
 
しかし、勉強会の帰り際、個別相談を
していたら一筋の光が見えたようです。
 
 
そのやり方だと、お客様にとって
まったく無理がないと言うのです。
 
そう、完璧な戦略はお客様に
違和感を感じさせることはありません。
 
 
その時話した内容は一言で言うと
「与える戦略」です。
 
僕の戦略は、基本すべて与えるという
ことを基軸に考えています。
 
 
これまでに何度も言ってきましたが、
はじめから奪うことを考えている人は、
仮にお金を手にしたとしても所詮小銭。
 
 
フロントだけで商売を考えるとこのように
小銭しか稼げず、時間売りもしくは肉体労働
から抜け出すことはできません。
 
 
しかし、まずは与えるということを考え、
顧客障害価値(LTV)で物事を考えると、
同じ行為でも、まったく反応が変わってきます。
 
 
もし、あなたが知らない人から「1000円下さい」と
言われたら、どう思いますか?
 
当然それは、1000円の価値があるかどうか
分からないので、払いたくないですよね。
 
 
誰だって、いきなり金額を提示されたら、
心に壁を作ってしまいます。
 
 
お客様の立場で考えれば分かることが
販売者になると見えなくなり結果売れません。
 
 
当然、売れないと、戦略を見失い
銀行に頼み込み紹介という信用の移管だけに
頼る販売に依存するようになるのです。
 
 
しかし本来は、商品に自信があるのであれば、
お客様の気持ちを考え、商品の内容が伝わる
努力をしなければいけません。
 
 
でも、考えてみてください。
 
紹介などというものは、いつくるか
そして、毎月来るか安定性のないものです。
 
 
しかし、与えることはあなたの
意思次第でいつでもできます。
 
あなたのサービスだけでなくあなた自身に
興味ある人にまずは、無料で提供し知ってもらう。
 
 
この段階で、気に入らない人に
はじめからお金をもらったとしても、
リピートはされません。
 
 
当然、あなたは、はじめに無料で提供して、
本当にお金になるのか不安になると思います。
 
しかし、現実「返報性の法則」という
ものが存在し、そのやり方で上手く行って
いる企業が多いのも事実です。
 
 
ただ、与えるといってもポケット
ティッシュのような価値もなく、
もらっても嬉しくないものでは
意味がありません。
 
 
あなたの見込み客がお金を払ってでも
欲しがるようなものを先に与えるから
戻ってくるだけです。
 
 
特に、日本人はこのお返しの精神が
染み付いているので、あなたのビジネス
にもこの与える戦略を取り入れることを
お勧めします。
 
 
あなたが想定する見込み客は何を価値と感じ、
何を与えると感謝すると思いますか?
 
 
別に与えるというのは、いつだっていいのです。
見込み客だけでなく、既にお客様になっている人に
だってどんどん与えてください。
 
 
特に新商品などは、まず既存客に無料で提供し、
その良さを体験してもらうことです。
 
 
100回の説明より1回の体験の方が
何倍ものインパクトを与えます。
 
既存客であっても体験してもらうことが
最速で実感を伝える方法です。

集客にお困りではありませんか?

リスト0、アクセス0の状態でも
お金をかけずに毎日100人以上の
あなたの商品サービスに興味がある
濃い見込み客を見つけるノウハウを
配布しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.