ビジネス集客のゼロイチをつくって戦える体制を整えよう!

丁寧な文章のお知らせが読まれるのではない

2020/06/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

あなたは、勘違いしているかもしれません。
 
 
その勘違いとは、
丁寧な文章のお知らせ(DM)を送れば
読まれるという間違いです。
 
 
これは、逆の立場で考えれば
すぐに分かることなのですが、
自分ごととなると、定型文を意識してします。
 
 
ただ、あなたは体裁を考え仕方なくだったり、
お客様に怒られるのではないかという不安があって
この定型文を使っているのかもしれません。
 
 
しかし、これらの定型文は誰もが見慣れ、
ほとんどの人は、目すら通しません。
 
 
そして、このようなワードに入っている
定型文からスタートした文章はどうせ
大した内容が書かれていないと思われても
仕方ないのです。
 
 
そう、あなたがしなければいけないのは、
丁寧な文章ではなく、読み手が興味あることを
書かなければいけません。
 
 
丁寧で誰も読まずに捨てられる文章は
送料を無駄にするだけです。
 
 
丁寧を意識するのではなく感情を
ぐらぐら揺さぶるような文章を
あなたは考え、書く必要があるのです。
 
 
それには、短期的な欲求を満たす
言葉を散りばめる必要があります。
 
・すぐに
・簡単に
・テンプレート
・メソッド
 
 
ただ、あなたはこれらの言葉を
使うのは不本意かもしれません。
 
しかし、あなたが送った文章を
読んでもらいたいのであれば、
心を鬼にし取り入れることです。
 
 
人間は、どんなに聖人であっても
短期的な欲求を刺激されると
行動してしまう生き物です。
 
これは、脳構造がそのような
作りになっているからです。
 
 
その為にも、あなたの大切なお客様が
悪徳会社に騙される前に、あなたが
救い出す必要があります。
 
その第一歩が、あなたがこれから
送ろうとしている文章です。
 
 
すぐに捨てられる文章を送るほど
無駄なことはありません。
 
 
お客様のために、少し使う単語を
刺激的にすることです。
 
それだけで、反応は大きく変わってきます。

教材・コンサルコース一覧

現在、3教材、3コースございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「ゼロからイチをつくる」「ヒマでも儲かる仕組みをつくる」プロとして、実績0・リスト0状態からでも、短期間でブランド力を上げ、見込み客を殺到させる “0→1(ゼロイチ)集客コンサルタント” 。 著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】が、Amazonブックランキング1位を11部門獲得。

Copyright© ゼロイチ集客ブログ , 2020 All Rights Reserved.