高額商品をガンガン販売する2つの仕組み構築法(前編)

高額商品をガンガン販売する2つの仕組み構築法(前編)

 

いきなりですが
「高額商品をガンガン販売する」
って、なんだか心惹かれないですか?
      
      
もしそうなったら楽になるな、
なんて感じがしませんか?
      
      
結局ビジネスっていうのは、
      
高額商品を売るか、
リピート商品を売るか、
      
っていうのが、ビジネスを安定させる
唯一の答えなんですけど。
      
多くの人が安いものに対して
新規客を常に探して
ずーっと売ってるんですよね。
      
      
それをするから、ビジネスって
終わっちゃうんですよ。
      
      
何でかって言うと、
100円のものを100人に売ったところで、
1万円にしかならないじゃないですか。
      
      
=================
でも、100人にものを売るってことが
どれだけ大変か!って事なんですよ。
=================
      
      
であれば、1万円のものを1人に売った方が
簡単なんですよね。
      
      
ただ、これが50万円とか100万円のものを
一人に売るとなると、難しいですよね?
      
      
ただ、今回のテーマのように、
高額商品をガンガン売りたいんですよ。
      
そうするとビジネスって大きくなりますし、
どんどん成長もしていきますよね?
      
      
ただ、それがいきなり
「50万円の商品や100万円の商品を買って下さーい」
って、チラシを配ったところで反応が取れるほど
商売って甘くないんですよね。
      
      
であれば、何が必要なのかっていうと、
「仕組み」なんですよ、「仕組み」。
      
      
ただこれは、ネットとか、マーケティングを勉強
している人とかだったら、すごくあたりまえの事で
普通の事なんですけど、
      
それでもまだまだ多くの人は、この考えが
入ってないんですよね。
     
       
でも、どんな業種の人でもこの「仕組み」っていう
考え方を、入れてもらいたいんですよね。
      
やっぱり「仕組み」をつくっていらっしゃる会社
っていうのは、やっぱり成功しているんですよ。
      
      
分かりやすい例を出すと、トヨタ自動車って会社が
あるじゃないですか。
じゃあ質問です。
      
      
=================
トヨタ自動車って、なにで儲けている
会社だと思いますか?
=================
      
      
まぁ、1つは車ですよね?
CMもやってますからね。
      
そうすると多くの人は、車を売ってる会社だと思う
じゃないですか?
      
      
でもそうじゃなくて、
実はオートローンで儲けている会社なんですよ。
要は、車を買う時の借金ですね。ローンですね。
     
       
例えば、家とか車とかって高金利ですよね。
言い方は悪いですけど、足元見ているんですよ。
      
じゃあ、どの位かっていうと、
収益の8割が、ローンなんですよ。
びっくりしません?びっくりしますよね?
      
      
という事は、実際に表面に見えているのは
2割ですよね?
      
      
ちょっとCMを思い出してもらいたいんですけど。
あれって、ファミリー層を狙ってますよね?
30~40代のファミリー層を狙ってますよね?
      
      
=====================
あれって要は、家とかローンを抱えている
世代をターゲッティングしているわけですよ。
=====================
      
      
だから車のCMって、ワゴン車だったり、
子供たちが必ず出てきますよね?
      
これっていうのは、子供たちがどんどんどんどん
大きくなって、大きい車を必要として、
ローンを組んでくれる世代を集めているだけ
なんですよ。CMで。
      
      
例えば、高級車。
セルシオとか、高級車っていうのは、
あんまりCMで見ないじゃないですか?
      
何でかって言うと、
ローンを組まないからなんですよ。
      
      
要は、ローンを組まない人を集めてしまうと、
車単体で収益を取らなきゃいけなくなりますよね?
そうすると、あんまり儲からないじゃないですか。
      
でも、ローンを組んでくれる世代を集めたら、
借金ビジネスが成り立ちますよね?
だから、悪い言い方をすると
     
      
=============
借金希望者をCMで集めてる
って事なんですよ。
=============
      
      
だから2割は車で、8割はオートローンの収益が
成り立つ、っていう事なんですよね。
      
      
ただこれ、考えてもらいたいんですけど、
これ、仕組みがなかった場合で考えてみて
ほしいんですけど。
      
      
ローンだけを売るって、すごく難しくないですか?
そんなのは、単なる金貸しですよね?
すごく難しいですよね?
      
      
もちろん、お金に困ってるような人だったら
借りるかもしれませんけど、でもそれだったら
大衆を相手にした方がいいですよね?
      
大衆からローンを組んでもらった方が
大きいですよね?
      
      
だから、「大衆が欲しい」って思うような
フロントエンド商品を考えるんですよ。
それが、車なんですよ。
      
      
要は集客商品なんですよ、車が。
で、収益商品が、オートローンなんですよ。
集客商品が、車で、収益商品が、オートローン。
      
      
でも、ほとんどの人は、みんなこういう考えを
しないんですよ。
      
      
======================
収益商品をいきなり表に出して広告しちゃうから
儲からないんですよ。
 ======================
      
      
そうじゃないって事なんです。
集客商品と収益商品は、
分けなきゃいけないんです。
      
集客商品と収益商品を分けるっていう
シンプルな仕組みをつくるんですよ。
       
そして「集客商品の方を広告する」
って事なんですよ。
      
      
ただここでポイントなのが、
集客商品と収益商品が、ちゃんと関連してるもの
じゃなかったらダメですよ。
      
関連がなかったら、まったく関係ない人を
集めてしまって、収益商品が儲からないってコトに
なっちゃうだけなんでね。
それだったら何の意味もないですからね。
      
      
で、あと、これもポイントなんですけど、
集客商品と収益商品、どっちを先に考えるのか?
っていうと、
「収益商品」から考えてくださいね。
      
      
まず「収益商品」があって、
それを集客するための商品には何がいいのかな?
集客商品は何がいいのかな?って考える。
      
そのための集客商品は、
いくつ持っていてもいいです。
      
      
ただ、多くの人は、逆なんですよ。
逆をやっちゃうんですよ。
      
      
====================
集客商品から収益商品を考えると、
ビジネスって、行き詰まっちゃうんですよ。
====================
      
      
ポイントは、収益商品がまずあって、
それに関連するものは何かな?って考えて、
集客商品のラインナップを増やして行く。
      
これが順番なんですよ。
      
       
あと、もう一個、事例を出したいんですけど。

。。。ちょっと長くなりそうなので、
続きはまた次回。

著者について

sasakitadanobu administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。