ひとつの情報をもっと深読みする

ひとつの情報をもっと深読みする

 

会員の方をサポートしていてすごく感じるのが
 
お客様からの情報を調査していない人が
すごく多いのと、仮に得たとしてもその情報を
軽く考えている人が多いように感じます。
  
  
ひとつ目の調査については、お客様を無視して
自分の言いたいことを主観でつくっている。
  
  
そして、もうひとつは、得られた情報を無視して
売込みをしている、ということです。
  
  
まず、はじめの調査をせずにという項目について
もう少し見て行きます。
  
  
当然、調査なしにお客様の望むものを予測するのは
ビジネスではなくギャンブルです。
  
  
たまたま、望むものがマッチングすれば
売れるかもしれませんが、
  
今の世の中、想像でまず先につくっても
売れることはありません。
  
  
そして、一番多い過ちは、
「いい商品がすでにそこにあるから
これをお客様に売ろう」と考えるものです。
  
お客様は、いい商品が欲しいのではありません。
  
  
====================
「いい商品 ≠ お客様が必要としているもの」
という事です。
====================
  
  
仮に多少品質が悪かったとしても、自分の悩みや
願望を叶えてくれるものが欲しいのです。
  
そう、商品品質は二の次でいいのです。
  
  
まだ欲しいとも言っていない人に、
「良い商品ですよ」と言っても
「いらない」となるだけです。
  
  
次に、得られた情報を無視しているというのは
どういうことでしょうか?
  
  
直接、お客様から本当のことを聞ければ
いいのですが、大概の場合、
本当のことを話す人はいません。
  
では、誰になら本当のことを言うのでしょうか?
  
  
それは、ひとつ例をあげるとすると、
「検索エンジン」。
  
  
あなたも検索エンジンを使った事があると
思いますが、そこに打ち込む情報は、
探しているものを的確に見つけるものなので
人の目を気にして検索している人などいません。
  
そう、本能のままに打ち込んでいるのです。
  
そのキーワードが、たとえ人には言えないような
深い悩みだったとしても、です。
  
  
そんな重要な情報がネット上に公開
されているにも拘わらず販売者は無視して
 
  
=====================
自分の言いたいことをただ言っているのです。
=====================
  
  
言い方を変えると、
お客様は、知りたいことを調べているだけで
商品が欲しくて検索しているわけではないのです。
  
  
例えば、
「屋根 塗装」の場合、
  
屋根の塗装を考えている人なので、
その人が何を目的としているのかを
もっと深く考えます。
  
  
屋根 塗装のための業者選びなのか?
屋根 塗装の価格なのか?
屋根 塗装はどのくらいの頻度で行うのか?
  
  
更に、今は2つの複合ですが、
3つ目のワードがあれば、もっと見えてきます。
  
この場合、検索数は少なくても
指標にするだけなので問題ありません。
  
  
例えば、
「屋根 塗装 業者」というものがあれば、
業者を探しているニーズがあると分かります。
  
  
このように、ひとつ得た情報を
もっと深く考えて行くのです。
  
そして、あなたがすることは
 
  
======================
見込み客が、検索エンジンに質問してきた情報の
回答策をホームページで教えてあげるのです。
======================
  
  
商品を紹介するのは、その後です。
  
質問されたことを回答しないというのは、
会話では考えられないことです。
  
  
オフラインで考えてみると分かります。
病院に来た患者に症状を聞く前にいきなり
 
「この頭痛薬は新商品だからすごくいいですよ」
と言う先生はいないと思います。
  
必ず、症状を聞き処方する。
でも診断してみたら、
腹痛で下痢に悩んでいるかもしれないのです。
  
  
しかし、インターネットではこんなことが
頻繁に行われています。
  
  
社内では、
「もっとお客様のことを考えろ!」
と言っているにも拘らず。
  
お客様がどんなキーワードで検索
しているのか知らずに
ホームページのコンテンツをつくっている。
  
  
あなたは、検索ワードにあうコンテンツを
用意し、出迎えていますか?
  
独りよがりのコンテンツは、価値は半減しますよ。

著者について

sasakitadanobu administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。