カテゴリーアーカイブ 広告

成果の出ないものをマネてもムダになる

 

広告を作成する時、あなたは
何かを参考にしていますか?
     
     
もし、あなたがその参照元の選択を
間違えているとしたら、時間と労力だけでなく
お金をムダにすることになります。
      
       
では、何を参考にし、
何を参考にするといけないのでしょうか?
       
      
仮に雑誌広告に50万円かかったとします。
同じ50万円でも、反応ゼロになることもあれば、
お客様が殺到することもあります。
      
当然、自分が50万円かけるとしたら、
殺到してもらいたいと思いますよね?
      
      
しかし、その広告主は、自分の会社が
広告に成功していますよ、
とは教えてくれません。
      
ただ、調べることは出来ます。
      
      
その方法とは、
1年間雑誌
(出来れば高額の広告費をとっているもの)
を定期購読します。
      
もしくは、過去のものを1年間分まとめて
買ってきてもいいでしょう。
      
      
そして、
広告欄をすべて切り抜きファイリングします。
      
次に、その中で1年間継続している会社を
ピックアップします。(他は捨てます)
      
さらに、同じ広告を出し続けているものだけを
ピックアップします。
      
      
これが、売れている広告です。
   
         
反応の取れる広告を変更するには
リスクがあります。
      
逆にコロコロ変えているところは、
反応が取れないので、
改善し精度アップしている証拠です。
      
      
当然、その広告で儲かっていなければ、
即、中止です。
      
しかし、継続し、しかも同じ高額な広告を
出し続けることが出来ているということは、
その広告で、儲かっているからです。
      
      
それをマネすればいいだけです。
      
キャッチコピー、色使い、配置、特典、
期間の見せ方・・・すべてが、材料です。
      
      
実は、掲載されている大きさによって、
多少作りは変わります。
      
      
小さい広告の場合、「パッと見」た時に、
何が目に飛び込んでくるかを見ます。
      
それが、フックとなり、その広告を
見るか見ないかを判断します。
      
      
===================
そう、あなたがやることは、
1から広告を考えるのではなく、
成功しているものを集めればいいのです。
===================
      
      
これを「スワイプファイル」と言います。
      
ただ、注意しなければいけないのが、
雑誌が特集しているところからキャッチコピーを
考えるということです。
これは、NGです。
      
      
雑誌は、そのページで利益を
上げるいるわけではありません。
      
そう、感じのいいキャッチコピーだなと思っても、
それは商品を売るためのものではないので、
マネしても、あなたの商品が
売れることはありません。
      
      
最後に、あなたが今やみくもに広告の素材を
参照しているとしたら、
それは、儲かっている会社のものですか?
      
反応の出なかったものをマネて
反応が出ることはありません。
      
      
あなたがやること、それは、
反応の出ている広告を探すことです。
これは、チラシ、ホームページすべてに言えます。