カテゴリーアーカイブ 仕組み

高額商品をガンガン販売する2つの仕組み構築法(後編)

 

前回の続きです。
      
ビジネスがうまく行かない、多くの人は、
収益商品をいきなり表に出して広告するから
儲からないんです。
      
集客商品と収益商品は、
分けなきゃいけないんです。
      
そして、集客商品と収益商品、
どっちを先に考えるのか?というと、
「収益商品」から考えること。
      
。。。というお話しをしました。
今日はその続きです。
      
      
もう一つ、事例を出したいんですけど、
例えば造園業。
造園屋さんを始めたとするじゃないですか。
      
その時に、たいていの人は、
      
      
==============
「造園屋でーす」って、
チラシを撒いちゃうんですよ。
==============
      
      
そうすると、チラシを見た人は
「あ、造園屋なんだ」って思っちゃいますよね?
      
      
ただ、造園って言っても、結構高いですよね?
数百万ですよね?
そんなもん、チラシ一枚で頼む人って、
なかなかいないですよね?
      
      
であれば、どういう風に仕組みを考えて
構築していくのかっていうと。
   
         
まずは「庭を持っている人」を探したいですよね?
      
じゃあ庭を持っている人って、
何が欲しいと思います?
      
      
庭を持っている人は、庭の手入れをする道具
たとえば、「高枝切りばさみ」みたいな。
要は、高い枝を切る道具ですね。
      
でもそれって、ある程度の庭を持っていなかったら
そんな物買わないですよね?
ということは。
      
      
===================
「高枝切りばさみ」を売ると、イコール
「庭を持っている人」のリストが必然的に
集まるわけですよ。
===================
      
      
別に「高枝切りバサミ」じゃなくてもいいんです。
「脚立」とかでもいいんですよ。最初の入口は。
      
ただ脚立の場合は、庭を持っていない人のリストも
集まって来ちゃいますよね?
なので、その辺だけ。
      
「帳尻合うかな?」
「 共通項になっているかな?」
      
っていう事だけを押さえられれば、入口はいくつ
持っていてもいいって事です。
      
      
もっと言えば、高枝切りバサミが
原価が5000円だとするじゃないですか?
で、競合他社が1万円で売っているとしますよね。
      
そうすると、みんなそこで「高枝切バサミ」の
ビジネスをやっちゃうんですよ。
「高枝切りバサミ買いませんかー?」って。
      
      
だからみんな、競合が激しくなると、10,000円を
8,000円とか7,000円に下げてくるんですよ。
      
または「高枝切バサミ」の機能を
良くしてくるんですよ。
「こんな機能つけましたー」とかやるんですよ。
      
      
でも、そうじゃないんですよ。
それは「高枝切りバサミ」だけで考えているから
そんな話になっていっちゃうんですよ。
      
そうじゃなくて、極論を言うと、
      
      
=======================
その「高枝切りバサミ」を5,000円以下で売ったら
競合他社は追いついて来られないですよね?
=======================
      
      
原価割れしちゃうんで。
       
      
。。。でもいいんです。
ここは赤字でもいいんです。
      
      
要は「広告費」として考えればいいんですよ。
      
じゃあ、どこで収益を取るか?っていうと、
「造園」の方で収益を取ればいいんですよ。
      
      
そう考えると別に「高枝切バサミ」を3,000円で
売ったところで、2,000円の広告費がかかったな、
って思うだけなんですよ。
      
      
要は3,000円で売ったら、2,000円マイナス
じゃないですか。原価5,000円だから。
      
      
でも逆に言うと、
2,000円で大きな庭を持っている人のリストが
手に入ったわけですよ。
      
考え方としては、2,000円で一人の見込客リストを
買う、っていう発想なんですよ。
      
さらにそのうち、たとえば10人の内、1人でも
300万の契約が決まれば大きいですよね?
      
      
で、ここでポイントなのが、見込み客から見た時に
あなたは「高枝切りバサミ」を売ってる業者としか
表からは見えないんですよ。
      
そうすると何が起こるのかというと、
      
      
====================
ライバルの造園屋は、あなたのことを
「この人は競合ではない」と見るんですよ。
====================
      
      
つまり、競合にはマークされなくなるんですよね。
      
      
ただこれを、正面きって「ウチは造園屋さんです」
ってチラシを撒いたら、そりゃあバレちゃいます。
      
でも「高枝切りバサミ」だったら
「高枝切りバサミの競合」からはマークはされる
かもしれないですけど、
本命の造園屋さんからはマークされないんですよ。
      
      
でも「高枝切りバサミを売ってる人」から見れば、
「何で原価5,000円なのに3,000円で売ってるんだ?
あいつバカじゃね?あんなのすぐ潰れるだけだぞ」
って思われるだけですよね?
      
      
でも、なかなか倒産しないわけですよ。
何でかっていうと、後ろの収益商品でビジネスが
構築されているわけですから。
      
      
。。。とまぁ、このように、そういうのがないと、
ビジネスが潰れるというか、意味がないですよね?
      
      
だからこの「集客商品と収益商品を分ける」
っていうのが、すごくポイントで、
       
もちろん「お金面」もそうですけど、
それよりも何よりも、
「競合から狙われない」んですよ。
      
      
で、もっと大切なのが、
      
      
======================
競合からバカにされるくらいじゃないといけない
って事なんですよ。
======================
      
      
「あんな安売りして、どうせあそこは潰れる」って
思われるくらいじゃないといけないんですよね。
      
      
ということは「高枝切りバサミ」の同業者からも
「あいつは競合ではない」って思われるって
ことでもあるんですよ。
      
      
だって5,000円の仕入れで、10,000円で売っている
人達の中で一人だけ3,000円で売ってるんですよ?
そりゃあ「あそこはもう競合じゃない」って
思われますよね?
       
「自分たちはそんな安売りはしたくない、
機能面で攻めるんだ」って思いますよね?
      
      
でも、そうじゃないんですよ。
そもそも、狙っている見込客がそもそも違う
って事なんですよ。
      
      
。。。こういう風に、ビジネスを初めに設計して、
集客商品と収益商品をちゃんと分けると
競合他社からバレずに、どんどんどんどん自分だけ
一人勝ちして、大儲けする事ができるんですよ。
      
      
だっていきなりどこの馬の骨かも分からない人から
300万の造園なんて買いたくないじゃないですか?
よく分からないですよね?怖いですよね?
リスク高いじゃないですか。
      
      
例えば前回お話しをした、ローンもそうですよね?
特に形の見えないもので「ローン組みませんか?」
って言われても怪しいだけじゃないですか?
詐欺だとしか思わないですよね?
      
でも、初めの集客商品で満足したり、
小さな成功体験を積んでもらって信頼を得たら
     
       
==================
次からその人が紹介するものだったら、
まぁ比較的安心して買いますよね?
==================
      
      
例えばさっきの高枝切りバサミが
もの凄くいいものだったら、
      
「あ、これだったら、その人が紹介してくれた
次の造園を試してみようかな?」って
思うかもしれないですよね?何人かに1人は。
そういうことなんですよ。
      
      
だから「高額商品をガンガン販売する」ためには、
この「仕組み」というのをまず作るんだよ、
っていう事と、
      
いきなり収益商品を表に出しちゃダメですよ!
って事がポイントですね。
      
      
なので、競合他社にバカにされたところで、
全然気にする必要ないんです。
むしろその方がいいんです。
その方が儲かります。一人勝ちできます。
      
      
なので、もし高額商品をガンガン売りたければ、
まずはこのように、仕組みを作って、
販売戦略を考えてみてください。
      
ということで、それでは今回はここまでです。