カテゴリーアーカイブ リサーチ

冷やかし客に意見を求めても、時間のムダ!

 

広告で反応が取れないケースの多くは
主観で広告を作成していることです。
     
      
また、「聞く」ということをしている人の中でも
お客様や見込み客ではなく、
「冷やかし客」に聞いているケースです。
     
       
この冷やかし客に聞く場合、
主観で考えている以上に意味がありません。
      
      
見込み客の定義をもう一度、確認します。
見込み客とは、
       
「あなたの商品を買う心の準備が出来ている人」
のことです。
これが、見込み客です。
       
       
では、その見込み客は、誰で、どこにいるのか?
一番分かりやすい見込み客は、
他社の商品をすでに購入している人です。
       
        
=====================
他社の商品を購入したということは、
あなたの業界に入った意味を示し、かつ
あなたの見込み客になった瞬間でもあります。
=====================
      
        
この状態の人は、購入の確率が
極めて高い状態にあります。
       
しかし、類似商品を一度も購入していない人は
まったくの対象外となります。
       
      
当然、この人に売る場合は、営業トークも
まったく違うものになります。
       
まだ、他社も含め、商品を使っていない
ということは悩み度合いも低く、
       
お金を払ってまで解決を求めていない人
ということになります。
       
        
悩みが浅く、身銭を切っていない人に
リスクを覚悟で解決を求めている人の
心の状態など理解する事など出来ません。
       
だから、あなたは意見を求めるのであれば、
見込み客やお客様に聞かなければいけないのです。
       
        
あなたの目の前に現れる人
すべてが見込み客とは限りません。
       
       
まずは、自社の商品を購入したお客様に聞く
次に、他社の商品を購入した見込み客に聞く
      
とは言っても、他社のお客様がどこにいるのか
分からないと思います。
       
その場合、他社のお客様の声を見て下さい。
        
        
===============
意図的に作られたものではなく、
本当の声を探して下さい。
===============
       
       
10件に1つはあるはずです。
       
       
ただ、見込み客であっても
意見を聞いてはいけない人がいます。
       
それは、自社のスタイルとは
まったく異なる人です。
       
       
過去のお客様は、痩せている人が
もっとプロポーションをよくしたいと思い
通っているお店があるとします。
       
そこに、他社のサービスを受けた事がある
おデブさんがやってきました。
       
        
当然あなたのお店には、おデブさんを痩せさせた
実績もなければ、コンテンツもないとしたら、
この方に意見を聞いても意味がなくなります。
       
同じダイエットでも、
属性がまったく異なるからです。
       
        
この方をもし対象にするのであれば新事業として
別メニューを作るぐらい新しい試みです。
        
ですので、意見を求める場合、
        
       
====================
自分の得意とするジャンルで
かつ顧客マッチしているかどうかを
見極めた上で、ヒヤリングしてみて下さい。
====================
       
        
調査を行う上で「聞く」以上に
正確なものはありません。
       
ただ、その聞く相手によっては、
ビジネスを混乱させるケースがある
ということを忘れてはいけません。
       
      
最後に、ワンマン社長に多いのですが、
自分の意見に近づくように意見を誘導するのは
絶対にやってはいけません。
      
ヒヤリングしている意味がなくなります。