オフィス プランナーズ・ハイ

佐々木の考え1(全業種共通)

  • HOME »
  • 佐々木の考え1(全業種共通)

SNSなんかコツコツやっても、成功なんかできないですよ

 

 

あなたは、ブログとかフェイスブックとかやってますか?
何のためにやってますか?
また、どのぐらいの頻度で書いていますか?

 

多くの方は、見込み客を集めるために、そして自分や自分のご商売のことを知ってもらうために記事を書いていますよね。
そしてほぼ毎日のように記事を書かれていらっしゃいます。

 

ではそこに、何を書いて、どういうふうな流れで自分のところに問い合わせが来るようにしていますか?
多くの方は、ブログの中で、ランディングページを作って、メルマガに登録してもらって、
ステップメールで「全〇回の無料講座」という形でお客様に情報を届けるような流れを作っていらっしゃいます。
つまり、ブログを「もっと深い内容が知りたければ、メルマガに登録してね」と、メルマガに誘導するために使っています。

 

ただ、その時に意識しなければいけないのが、無料媒体の役目なんですよ。
ブログやフェイスブックって、基本、無料ですよね?
よくネット上に広がっている情報で、アフェリエイトとかあるじゃないですか。
「アフェリエイトで稼げる」って言われて、やってみたのにも関わらず稼げない人って、すごくいっぱいいるじゃないですか。
それは何でかっていうと、この無料媒体の役目を勘違いしているからなんですよ。
結局、無料媒体を使って稼ぐというのは、ほぼ無理なんですよ。

 

なぜかというと、「役目が違うから」です。
集客というのは、お金をかけるか、時間をかけるか、しかないんです。
で、お金がない人はブログだったり、フェイスブックだったりユーチューブだったりと、
お金がかからないものを使って、コツコツコツ労力でやろうとするんですよ。
それも、ずっと労力でやろうとするから儲からないんですよ。

 

儲けている人たちっていますよね。
儲けている人たちって何をやっているかというと、広告をかけているだけなんですよ。
結局、見込客を集めないと、お客様って取れないんですよね。

 

無料媒体を使って、ずっとやろうとしている人というのは、
一生それでやろうとしちゃっているんですよ。稼げるまでとか。
そもそも、広告を使うという概念がないんですよ。

でも、稼いでいる人たちは、広告を使っているんですよね。
ブログをコツコツ書いたり、フェイスブックをコツコツやったりしていないんですよ。

 

私の周りの億万長者たちも、ブログなんか書いてないですし、
フェイスブックもアカウント持っているだけで、ほとんど更新していません。
一部の人たちだけなんですよ、そういう風にやっている人たちっていうのは。
ただ、それに惑わされちゃって、
ブログをずっと書けばお金持ちになれるのかな、と思ってされてるんでしょうけど、そうじゃないんです。

 

 

結局、見込み客を集めなかったら、ビジネスってお金にはならないんですよ。
見込み客を集めるって、凄く大変なんですよ。
例えば、ネットというのは1%の成約率って言われているんですよ。
ということは、見込み客を100人集めると、1つ商品が売れるってことですよね。

例えばそれが、自分の商品でもいいですし、アフィリエイトする商品でもいいんですけど。
最低100人、見込み客が必要だということなんですよ、1%ということは。
この100人が、冷やかし客じゃダメですよ。
「見込み客」を集めるんですよ。そうすると、1%ですから、1つ成約するんですよ。
ってことはまず、100人の見込み客を集めなければいけないんですよ。

 

で、この無料媒体をコツコツコツコツやって、
100人見込み客を集めるというのは、かなり大変なんですよ。
しかもほとんどの人が、100人集めたって言って「わーい!」ってやるんですけど、
その大半が冷やかし客なんですよ。

ということは、その中に見込み客がどれだけ含まれているのかっていう話ですよ。
じゃあ、それを判別するのをどういう風にすればいいのかと言うと、
例えば今、ブログの読者が100人いるとします。
あとメルマガの読者が100人いるとします。

 

そこで何か商品を出してみて、1個も売れなかったら、
そこにいる読者は、見込み客じゃないという事なんですよ。
見込み客が100人に達してないということなんですよ。
要は、今ある数字と言うのは、見込み客ではない冷やかし客も含まれた100人という事なんです。
そう考えると、意味ないですよね。

 

 

なので、もし無料媒体を使って、お金がなくてやるのであれば、
別にそれは否定はしないですけど、
であれば、何をするのかというと、まずその役割は、

「反応率を見ること」

だけなんですよ、っていうのを意識してもらいたいんですよ。
一生それでずっとやるわけじゃないんですよ。

 

要は、100人に1個売れるんだっていうものを見るための存在なんだよ、ということなんですよ。
例えば、いきなり広告をぼーんと打つ前に、まずはそのチラシの良し悪し、
そもそもそれは反応が取れるチラシなのかどうなのか?っていう話です。
反応が取れるチラシかどうか分からないのに広告打つのって怖いですよね。

 

だからまずは、そこは労力だったりで、小さくテストをする。
そこで反応率を見るんです。
そのあとに、広告打てば怖くないですよね。
これと同じなんですよ。

 

結局、無料媒体の役目とのいうのは、
同じように反応率さえ見えれば、あとは広告費をかけるだけ。
これで怖くないですよね。

 

そもそも、コツコツコツコツやって100人集める、しかも見込み客を100人集めるというのは、かなり難しいんですよ。
それを、延々とやろうとするから難しいんです。だから稼げないんですよ。
あなたは、こういった考えを持ってブログやフェイスブックを書かれてましたか?

 

ほとんどの人が、その事実に気づいていないんですよね。
結局、流行の情報などに惑わされちゃって、
「これからはLINEだ!」「これからはYOUTUBEだ!」とか言って流行っているものに踊らされちゃうんですけど、そうじゃないんですよね。

 

要は、自分の見込み客が、果たしてそこにいるのか、それを見ているのかっていうことの方が大切なんですよ。
例えば、おばあちゃんを相手にする人が、YOUTUBEが流行っているからと言って、
YOUTUBEをやったところで、そもそもYOUTUBEって何ですか?って話じゃないですか。
そういうことなんですよね。

 

何で、世の中の人がそういうふうに謳うのかと言うと、
自分の商品だったり、自分のセールスにマッチしたのが、たまたまYOUTUBEだった、というだけなんですよ。
それで反応が出ただけなんです。

にもかかわらず、自分が売ろうとしているものや、販売戦略も違う人が、
流行の媒体だけマネしたところで、うまくいくわけないじゃないですか。
そんなの当り前の話じゃないですか。

 

 

たとえ一個の商品でも、市場と言うのはたくさんあるんですよ。
例えば、掃除機を売ってたとしても、
ジャパネット・タカタはテレビショッピングで売ってますよね。
で、ヤマダ電機は実店舗を持って売ってますよね。
かたや、アマゾンとか楽天は、ネットを使って売ってますよね。
それぞれ、集客経路がまったく違いますよね。
そうなると、ノウハウテクニックもまったく違ってきますよね。

 

何でかっていうと、売っている商品は一つなんですけど、
市場がまったく違っていて、そこにいる見込み客の現実も違うからです。
なので、この見込み客、自分の狙う見込み客が何を見ているのか、
そして、どんな言葉に反応するのかというのを見なくちゃいけないという事なんですよ。

 

 

だから、この無料媒体と言うのは、皆勘違いしているのは、
一見、コツコツやればできるような気がするんですけど、
そもそも、まず見込み客が、その媒体にいるのか?っていうのをまず確認しなければいけません。

そして、いるのであれば、一生無料でやるのではなくて、
反応率を見るだけのものなんですよね。
反応率さえ取れてしまえば、堂々と自信を持って、安心して広告作りができますよね。
それだけの役目なんですよ。

 

なので、この

「無料媒体=反応率を見るだけのもの」

っていう風に思えば、流行の集客に振り回されなくなるんですよ。
まず、基準値は自分の見込み客、お客様基準ですね。
そこにちゃんと見込み客が滞留しているのであれば、それをやればいいですけど、
そもそもいなかったら、手を出す必要はありません。

だって、新しい媒体なんて、今後もどんどんどんどん出るはずですから。
ミクシィが衰退したように、次、新しいフェイスブックが出てきましたよね。
こうやって、必ず出てくるんですよね。

同じような形で、その時に例えばミクシィでずっと記事を書いて資産構築だ、って書いていた人って、
今それ資産になってますか? っていう話なんですよ。
資産になってないですよね。もう離れてほとんどいないですよね。
だから、そういうことではないということなんです。

 

なので、本当に自分の見込み客がどこにいるのか。
そして、今後どういうふうにして安定して集客を補うことができるのか。
そして、無料媒体の役目は「反応率を見ることだけ」なんだよ、っていうことなんですね。

 

で、一番ここで大切なのが、
見込み客を集めなかったら意味がない、という事なんですよ。
見込み客を集めないで、
人だけ、単純な数字の人だけを集めると、
見込み客も少しはいるかもしれないですけど、大半は冷やかし客ですよね。
そうすると全く意味がないですよね。

 

なので、反応率を見る100人に1個売れるのが、っていうのを見るだけなんですよ。
ネット媒体を使う場合。
それさえ見えれば、もうあとは広告を使うって割り切っちゃうという事です。
そうすると、ほんとブレイクスルーが起きるので、難しくないんですよね。

 

どんな無料の媒体であっても、変に数を集めてやるっていうよりも、
自分のサービスなりなんなりがちゃんと、適正な反応があるかどうかを見ればいいってことで、
無理に拡大する必要はないんです。

結局だって、フェイスブックを書いてブログも書いてYOUTUBEもやって、てやると、
時間がいくらあっても足りないじゃないですか。
で、これを分析していくと、
「あ、ほとんどのお客さんが3つの媒体から来ていなかったな」
ってなるとムダになっちゃいますよね。

 

だから、流行の集客に踊らされたらいけないということです。
そして、ここでのポイントが、無料媒体ですよね。無料に踊らされちゃうんですよ皆。
そこには答えはないってことです。
なので、この無料媒体の役目っていうのを、もう一度見直していただいて、
「本当に自分の見込み客がそこにいるのかな?」
という判断基準で、すべて自分基軸で考えてください。

 

他人ではないんです。
他人の儲け話に踊らされては、儲けることができません。
なので、自分の見込み客と言うのをベースに、考えてみてください。

 

 

PAGETOP
Copyright © オフィス・プランナーズ・ハイ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.