オフィス プランナーズ・ハイ

読者限定プレゼント

  • HOME »
  • 読者限定プレゼント

「お客様の見つけ方」

 

どうも。

これを読んでくださっている方は、

・私のホームページを見ていてたまたま偶然この記事を見つけた方か、
・私の著書【繫盛店なんか、誰でもつくれる】の読者か、ですね。

いずれにしても、この記事まで来ていただき、ありがとうございます。

 

これから約束通り、

「お客様の見つけ方」

について、何回かに分けてお話ししていこうと思います。

 

 

まず最初に
タイトルが「お客様の見つけ方」となっていますが、正確には

「見込み客の見つけ方」

です。
あえてというか、わざと「お客様」と書いたのですが、
そもそも、「お客様」と「見込み客」ってどう違うと思います?
何となく似たような感じのイメージを持っていらっしゃる方が多いと思います。

 

 

最初に、見込み客から説明しますと。
まず見込み客の定義は2つあって、

1.「あなたの商品を買う心の準備ができている人」。
2.「今抱えている問題を、お金を払ってでも解決したい人」

です。
で、お客様というのは、

「実際に買ってくれた人」

です。
なので、感覚的には見込み客が何人かいるうちの一人が、お客様になるというイメージです。

 

 

でもこういうのって、小難しいですよね?
自分の店の商品を買う心の準備ができている人?
あなたのお店の商品・サービスを、お金を払ってでも利用したい人?
どういうこと?

。。。ってなりますよね?
ですからもっと分かりやすく言います。

 

リスト0、人脈0、近所との交流0の飲食店が、
見込み客を見つける方法、それは。

「SNS」

です。

 

それも使用するのは「facebook」のみです。
なぜfacebookだけなのか?

twitterもいいのですが、いかんせん文字数が少ない。

Instagramもいいのですが、あれは写真がメインで、
文字も長文が打てることは打てますが、
あまり文字をしっかり読んでもらえにくい媒体じゃないかなという気がします。

あとyoutubeも悪くはないのですが、
動画を最初から最後まで聴いてもらうことや、
撮影してそれをアップすることに苦手意識を持っている人も多いと思います。

 

そう考えると、facebookは文字も長文が打てますし、
画像も動画も貼り付けられます。
そして何よりもfacebookは基本的に本名での登録です。
そういう意味ではfacebookが一番、今回の方法が向いています。

 

で、facebookで何をするか?
もちろん友達申請をしていきます。
誰に?

「見込み客」に、です。

飲食店における見込み客とはどういう人のことを言うのか?

 

 

それはまた次回に!
(続きは*****以降から始まります)
*********************************************************

 

PAGETOP
Copyright © オフィス・プランナーズ・ハイ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.