オフィス プランナーズ・ハイ

プロフィール / コンサルstyle

  • HOME »
  • プロフィール / コンサルstyle

 

佐々木の簡単なプロフィール

 

 

佐々木忠信

1969年京都市生まれ
大学時代より「悪徳商法はなぜ儲かるのか?」「悪はなぜはびこり続けるのか?」の研究をライフワークとする。

                                                                                                                                一方で、アルバイト(社員・店長含む)経験は、業種・規模・立地を問わず、15年間で50店舗以上を経験する。
理由は、店が変われば、やり方が違うもの。
ある店で当たり前のようにやっていることでも、別の店に行けばとんでもないアイデア。

ましてや異業種だと尚更で、ある業界で普通にやっていることでも、違う業界では画期的なノウハウだったりする。
そんな衝撃を何度も経験したことで、「いろんな世界(業界・お店)を見てみたい!」と思うようになる。

同時に、大学時代に受けた、料理長のホールスタッフに対する差別発言により、「この仕事が舐められないようなスキルをつけよう」との思いで、その後様々な業種業態を、規模・立地を変えながら行く先々で異常なまでに集客の研究に没頭する。

                                                                                                                               20代後半より、飲食店を経営する友人の廃業→自殺をきっかけに、「悪徳商法は、なぜ儲かるのか?そして、なぜマジメに誠実に頑張っている人の商売がうまくいかないのか?」そして、

「もしも悪徳商法のうまくいくエッセンスを、誠実に頑張っている方のために“応用し”活用すればうまくいくんじゃないか?」
という仮説の元、試行錯誤する。それが現在のコンサルスタイルの原点となる。

                                                                                                                                現在は、

                                                                                                                      

「腕は抜群だが、これといった面白みに欠ける 「職人系・パパママ店」向け、集客コンサルタント」


として、

 

・腕は確かだが、職人気質が故、面白みに欠け、世間に埋もれてしまっているお店が、

・90日で自店の魅力やコンセプトを“圧倒的なレベル”にまで磨き直し、

・「面白そう!」「行ってみたい!」と強く思われる “ピカピカの魅力” を手に入れ、

・理想の客層だけで利益を上げる仕組みづくりを得意とする、

・個人~家族規模で頑張っているお店に特化したコンサルティング事務所。

 

主に、飲食店7:3美容室・ネイルサロン等の割合で支援している。

 

 

 

(どのような方にピッタリなのか?)

 

「来てもらえさえすれば良さは分かってもらえるのに」

「食べてもらえれば絶対にヨソとの違いが分かるのに」というほど味は抜群。

でも職人気質が強すぎて、柔軟性・遊び心が足りないばっかりに何の特徴もない店になってしまっている。

でも職人さんご自身も「このままではダメだ・変わらなきゃ」と危機感をお持ちの、

ご夫婦、ご兄弟、ご家族+パートさん数名規模の個人飲食店経営者さま。

 

 

 

(逆に、このような方には弊社のコンサルは向きません)

 

絶対に失敗したくない! < 自分の思うようにやりたい!

という思いが強い方。

 

たとえあなたのお考えと真逆のことをアドバイスされたとしても、

素直に何でも取り入れてみよう。やってみようという考えのない方は、

アドバイスをしても「やりたいこと」だけ採用して、やりたくないアドバイスはやりません。

そんな「いいとこどり」の施策でうまくいくわけがありません。

 

間違った方向性に気づかず突き進んでいるあなたが納得して採用する施策は、

ほぼ確実に間違った施策です。

考えてみてください。

ファッションセンスのない人が、プロのスタイリストさんに頭のてっぺんからつま先までコーディネートしてもらって、

あとで数か所、スタイリストさんに内緒で「自分のセンスで」選び直し、コーディネートし直したとしたら、

その人はオシャレになっていると思いますか?

そもそも、プロにコーディネートを頼むと、たいていはあなたの好み通りにはいきません。

むしろ今まで考えてもみなかったコーディネートを提案されます。

あなたの意見を聞き、あなたのセンスに沿ったコーディネートをした時点で、

お金を払った価値はありません。

それは単なる「イエスマン」であって、

あなたに新しい世界や発見を与えるプロの仕事ではないということ。

苦戦しているお店も同じ。

ほぼ確実に、あなたのセンス通りの提案はされないと思っていてください。

 

それが、苦戦している経営者が見ている景色と、

集客のプロが見ている景色の違いです。

 

 

 

 

(コンサルスタイル)

 

人は、パッと聞いて「面白そうか、どうか?」で判断する生き物です。
ですから、一度「ここは自分には関係のない店だ」と判断されたら、
次から何を叫んでも届きません。そこで、

・自店の魅力を【圧倒的なレベル】まで尖らせることによって、来てもらいたい客層に確実に「刺さり」、引き寄せる。

・コンサル開始初月からいかに利益を落とさず、日々クライアントの手元にキャッシュを残しながら成果を上げていくか、の2点に主眼を置く。

 

 

 

その結果、90日でどんな成果があげられるのか?

(Before    After )

 

・今まで我慢して無理して合わせていたお客様を自然に排除し、自店に合ったお客様だけで食べていけるようになる。

・やることが明確かつピンポイントになるので、労働時間が減少する。風邪も引けない肉体労働型から脱却し、自分の時間や家族との時間が創れる。

・「好きなこと=お客様が喜ぶこと」に特化できるので、やりがいができ、モチベーションが安定する。肉体的にも精神的にも身軽になれる。

・客層が明確で、すべての商品・サービスがその客層にマッチしているため、ムダが発生せず、ロスも減少する。

・類は友を呼ぶということで、クチコミ・紹介が増える。

 

※注意
・プロとして商売するなら商品・サービスがいいのは当たり前です。よってスキルが最低限あることが前提です。

 

PAGETOP
Copyright © オフィス・プランナーズ・ハイ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.